自然の恵みをもっと美味しく

玄米焼酎は、手づくりの果実酒やビワの葉酒をつくるのに最適です。

原料に玄米を使用し香味もリッチなもろみを低温蒸留した、軽快でありながらも個性的な玄米焼酎です。
ホワイトリカーとはひと味違う、コクのある自家製酒に仕上がります。

 

グラスに注いだ梅酒と梅実

■特製玄米焼酎の特長 - 原材料へのこだわり

玄米備長炭白麹湧き水

そのままでも美味しく、果実酒に使用しても最適な焼酎にするために、「玄米焼酎」は材料にこだわって造られています。

■玄米

使用している玄米は、蒸溜蔵のある鹿児島県南薩地域の農家さんが丹精込めて作ったもの。香り豊かな玄米焼酎に欠かせない品質の良いお米です。

■備長炭

「玄米焼酎」は、玄米を浸漬(水に浸す)する際、備長炭を一緒に浸します。これによって不要な香りを吸着してから蒸し上げます。これによって玄米の香味がリッチなもろみを作る事ができます。

■白麹

麹は「白麹」を使用することでスッキリと玄米の香りを邪魔しません。

■水

蒸溜蔵の近くにある「権現のさあの井戸」の豊かに湧き出る天然の清水を使用します。

これらの厳選された素材を低温蒸留することで、軽快でありがならも個性的な味わいが楽しめる玄米焼酎となります。

 
作ってみよう。自家製玄米梅酒
 

■特製玄米焼酎35度で作ろう!

※4リットルの容器で作る場合

梅酒を作る材料
材料
  • 玄米焼酎35度 1.8L 1本
  • はちみつ 100g
  • 氷砂糖 800g
    (砂糖または蜂蜜でもOK)
  • 梅の実 1kg
  • 白麹
    化粧箱 ×
    包装 ×
    のし ×
    手提袋
    1ケース 6本